コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液体天然ガス えきたいてんねんガス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

液体天然ガス
えきたいてんねんガス

NGL,天然ガソリンとも呼ばれる。天然ガスから分離される炭化水素のうち,常温常圧で液体となるペンタン ( C5H12 ) など炭素原子5個以上の重質分の総称。油田の随伴ガスやガス田ガスから生産される。ガソリンと同様の透明な液体だがオクタン価が低く,ナフサ (粗製ガソリン) に近い。精製用半製品や石油化学用原料となる。硫黄分,窒素分ともに少なく,発電用燃料として原油やナフサを補完していたが,排煙脱硫装置などの公害対策が進み,使用量は激減した。石油の分類ではコンデンセートに入る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

液体天然ガスの関連キーワードロイヤル・ダッチ・シェル・グループ