液化ガス(読み)えきかがす(英語表記)liquefied gas

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

液化ガス
えきかがす
liquefied gas

常温で気体であるガスが、冷却したり単に圧縮だけで液体になったものを工業的に液化ガスとよぶ。塩素、二酸化硫黄(いおう)、アンモニア、プロパン、ブタンなどが液化ガスとなる。狭義にはプロパン、ブタンなどの液化石油ガス(LPG)をさす。[真田雄三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

液化ガスの関連情報