コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淡蒼球 たんそうきゅうglobus pallidus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

淡蒼球
たんそうきゅう
globus pallidus

レンズ核淡蒼部ともいう。大脳核の一つであるレンズ核の内側の部分。太い有髄線維がたくさんあるので,外側被殻より白みがかって見える。錐体外路系の一中枢である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たんそう‐きゅう〔タンサウキウ〕【淡×蒼球】

大脳基底核を構成する神経核の一つ。外節と内節がある。内節は線条体や淡蒼球外節から抑制性の入力視床下核から興奮性の入力を受け、視床へ抑制性の出力を行う。外節は間接路と呼ばれる神経回路に介在し、線条体から抑制性の入力を受け、淡蒼球内節・黒質網様部へ出力する。また、視床下核から興奮性の入力を受け、視床下核へ抑制性の出力を行う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の淡蒼球の言及

【大脳基底核】より

…尾状核,被殻,淡蒼球,扁桃体,前障の総称名。大脳の灰白質は表層の大脳皮質と深部の大脳基底核とに大別される。…

※「淡蒼球」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

淡蒼球の関連キーワードパーキンソン症候群中枢神経系DBS内包

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android