コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深井仁子 ふかい じんこ

2件 の用語解説(深井仁子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深井仁子 ふかい-じんこ

1841-1918 明治-大正時代の教育者。
天保(てんぽう)12年2月生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)高崎藩士の娘。国学を田島尋枝(ひろえ)にまなぶ。明治11年国振(くにぶり)学校を設立し,女子教育につくした。40年深井幼稚園をつくり幼児教育にもとりくんだ。大正7年9月24日死去。78歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

深井仁子

没年:大正7.9.24(1918)
生年:天保12.2(1841)
幕末・明治初期の教育者。高崎藩士深井四郎資治の次女。尾高高正,田島尋枝に和歌,国・漢学を学び,長じて藩主の子女教育に当たった。明治11(1878)年国振学校,15年貧乏学校(通称発育学校)を高崎市に設立。群馬県婦人教育会においてはキリスト教批判で活躍,初期の文部省教員検定に合格。40年深井幼稚園を設立,教育一筋の生涯を終える。<参考文献>大学婦人協会群馬支部編『近代群馬の女性たち』

(亀田春枝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

深井仁子の関連キーワード御深井焼金井四郎賀陽済斎藤義一佐藤タ子仲新深井秋水深井象山武藤良由森井恕三郎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone