深宮(読み)しんきゅう

精選版 日本国語大辞典「深宮」の解説

しん‐きゅう【深宮】

〘名〙 奥深い宮殿。奥まった御殿深殿
※続日本紀‐霊亀元年(715)九月庚辰「而年歯幼稚、未深宮
※太平記(14C後)一「深宮(シンキウ)の中に向て、春の日の暮れ難き事を歎き」 〔戦国策‐秦策・昭襄王下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「深宮」の解説

しん‐きゅう【深宮】

奥深い宮殿。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「深宮」の解説

【深宮】しんきゆう

奥深い宮中。〔戦国策、秦三〕足下(秦王)上は太后の嚴を畏れ、下は姦臣媚態)に惑ひ、深宮の中に居りて、保傅(ほふ)の手を離れず、惑(あんわく)にして、與(とも)にを照らす無し。

字通「深」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android