コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ふけ

深部とも書く。主として炭層について用いられる語で,普通採炭切羽などで傾斜した炭層の高いほうを肩,低いほうを深という。傾斜炭層中の坑道の両壁も,肩側を肩壁,深側を深壁という。また,切羽の深部の入気側の坑道を深坑道 (ゲート坑道) と呼び,深度の浅い (肩) 排気側の坑道を肩坑道 (上添坑道,冠坑道) と呼ぶ。特に深坑道は産炭の運搬に利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しん【深】[漢字項目]

[音]シン(呉)(漢) [訓]ふかい ふかまる ふかめる み
学習漢字]3年
〈シン〉
水がふかい。「深海深浅水深
奥ふかい。「深奥深山深窓/幽深」
程度がふかい。「深化深刻深長深緑
夜がふかまる。「深更深深深夜
〈ふか(ぶか)〉「深酒深手目深(まぶか)欲深
[名のり]とお・ふか・み
[難読]深傷(ふかで)深山(みやま)深雪(みゆき)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

深の関連キーワード滋賀県長浜市西浅井町沓掛ホモエオジン放出物和達=ベニオフ帯全身性カンジダ症侵襲性カンジダ症ディープスペースキーストロークアンクルブーツリーニエンシーヘミアビサイトタスカロラ海淵リーチーシェン全身性真菌症水底フェスタシェンツェンサラダボウル内臓真菌症更く・深くソースパン岩石火成説

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

深の関連情報