コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふけ

3件 の用語解説(深の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ふけ

深部とも書く。主として炭層について用いられる語で,普通採炭切羽などで傾斜した炭層の高いほうを肩,低いほうを深という。傾斜炭層中の坑道の両壁も,肩側を肩壁,深側を深壁という。また,切羽の深部の入気側の坑道を深坑道 (ゲート坑道) と呼び,深度の浅い (肩) 排気側の坑道を肩坑道 (上添坑道,冠坑道) と呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しん【深】[漢字項目]

[音]シン(呉)(漢) [訓]ふかい ふかまる ふかめる み
学習漢字]3年
〈シン〉
水がふかい。「深海深浅水深
奥ふかい。「深奥深山深窓/幽深」
程度がふかい。「深化深刻深長深緑
夜がふかまる。「深更深深深夜
〈ふか(ぶか)〉「深酒深手目深(まぶか)欲深
[名のり]とお・ふか・み
[難読]深傷(ふかで)深山(みやま)深雪(みゆき)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

み【深】

( 接頭 )

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

深の関連情報