コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深層社会学 しんそうしゃかいがくsociologie en profondeur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

深層社会学
しんそうしゃかいがく
sociologie en profondeur

フランスの社会学者 G.ギュルビッチにより主張された社会学の対象領域。社会的現実を垂直に眺めることによって,社会結合をその組織性,自発性の観点から問題とする。この場合,深さに層位を認め,組織性の濃厚なものから自発性の濃厚なものへと,暫定的に 10層を区別した。形態学的基礎,社会組織,社会的モデル,規則的集合行動,社会的役割,集合的態度,社会的象徴,沸騰的・革新的・創造的集合行動,集合価値観念,集合心性がそれであり,この順序に従って,次第に深層にいたると同時に,強制力の減退と自発性の増大とがみられるという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の深層社会学の言及

【ギュルビッチ】より

…第2次大戦後パリ大学(ソルボンヌ)教授として活躍し,大きな影響力をもった。社会的現実を〈深さ〉の諸相において考察する深層社会学をうちたて,これに微視から巨視におよぶ多元的な集団形態論を組み合わせて,社会学の体系化をおこなう。それにもとづき,法社会学,社会階級論,知識社会学などの分野で独自の業績をあげた。…

※「深層社会学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

深層社会学の関連キーワードオーリゥー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android