深山樒(読み)ミヤマシキミ

デジタル大辞泉の解説

みやま‐しきみ【深山×樒】

ミカン科の常緑低木。関東以西の山地に自生。高さ約50センチ。葉は長楕円形で先がとがり、枝先に集まってつく。雌雄異株で、4、5月ごろ、枝先に白い小花を円錐状につけ、紅色の実を結ぶ。につつじ。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みやましきみ【深山樒】

ミカン科の常緑低木。山地に生える。葉は長楕円形で輪生状に互生。葉面に油点がある。雌雄異株。晩春、枝先に白色の小花を円錐状につける。果実は小球形で赤く熟す。アルカロイドを含み、有毒植物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

深山樒 (ミヤマシキミ)

学名:Skimmia japonica
植物。ミカン科の常緑小低木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android