コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深山樒 ミヤマシキミ

デジタル大辞泉の解説

みやま‐しきみ【深山×樒】

ミカン科の常緑低木。関東以西の山地に自生。高さ約50センチ。葉は長楕円形で先がとがり、枝先に集まってつく。雌雄異株で、4、5月ごろ、枝先に白い小花を円錐状につけ、紅色の実を結ぶ。につつじ。 冬》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みやましきみ【深山樒】

ミカン科の常緑低木。山地に生える。葉は長楕円形で輪生状に互生。葉面に油点がある。雌雄異株。晩春、枝先に白色の小花を円錐状につける。果実は小球形で赤く熟す。アルカロイドを含み、有毒植物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

深山樒 (ミヤマシキミ)

学名:Skimmia japonica
植物。ミカン科の常緑小低木,園芸植物,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

深山樒の関連キーワードアルカロイド有毒植物丹管士茶花互生晩春

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android