空知川(読み)そらちがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空知川
そらちがわ

北海道中央部を流れる川。狩勝峠 (644m) 付近に源を発し,北西へ流れ,富良野川,芦別川を合せ,滝川付近で石狩川に合流する。全長 128.1km。上流の南富良野町に多目的の金山ダム下流芦別市に発電用の野花南 (のかなん) ダムがある。中流部の富良野盆地米作畑作 (ジャガイモタマネギニンジンなど) が盛ん。下流部の芦別,赤平炭鉱都市であったが,炭鉱閉山に伴い,跡地の再開発が進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そらちがわ【空知川】

石狩川の支流で,北海道中央部を流れる。石狩川の支流のなかでは最大の流域面積(2573km2)をもつ。総延長148km。日高山脈西斜面に源を発し,落合で北からのシーソラプチ川と南からのルーオマンソラプチ川が合流,西流して金山ダムに入り,金山の市街地付近で流れを北に転じ,富良野(ふらの)盆地に入る。さらに夕張山地を横谷(おうこく)をつくって流れ,滝川市付近で石狩川に合流する。富良野盆地と下流部を除くと,ほとんど山地を流れている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そらちがわ【空知川】

北海道、石狩川の支流。滝川付近で石狩川に合流する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

空知川
そらちがわ

北海道中央部を流れる石狩(いしかり)川の大支流。十勝(とかち)岳の南方に源を発し、南富良野(みなみふらの)町では金山(かなやま)ダムで人工湖をつくり、富良野盆地を北流して、夕張(ゆうばり)山地を峡谷で貫き、途中でふたたびせき止められて野花南(のかなん)湖をつくり、芦別(あしべつ)、赤平(あかびら)の炭鉱地帯を経て滝川(たきかわ)市で石狩川に合流する。延長173キロメートル。中・上流の渓谷では水力発電に、富良野盆地や河谷の農村地帯では水田灌漑(かんがい)に、炭鉱地帯では洗炭用水に利用された。川筋を通る根室(ねむろ)本線が狩勝(かりかち)峠を経て石狩と十勝を結び、主要交通路線をなす。かつては夕張山地の渓谷が障壁となって、富良野盆地は北の旭川(あさひかわ)市と結び付きが強かった。上・中流部が上川(かみかわ)総合振興局管内に属し、下流部の空知総合振興局管内と別になっているのはこのためである。[柏村一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空知川の関連情報