深見草(読み)ふかみぐさ

精選版 日本国語大辞典「深見草」の解説

ふかみ‐ぐさ【深見草】

〘名〙
植物ぼたん(牡丹)」の異名。《季・夏》
※経信集(1097頃)「きみをわがおもふこころのふかみくさ花のさかりにくる人もなし〈橘俊綱〉」
② 植物「やぶこうじ(藪柑子)」の異名。
[語誌](1)「本草和名」に「牡丹〉和名布加美久佐」とあるが、「箋注和名抄‐一〇」によれば、この「牡丹」はもともとの「本草」では「藪立花」「藪柑子」のことで、観賞用の牡丹とは別物であるのに、「和名抄」が誤って花に挙げたために、以後すべて「ふかみぐさ」は観賞用の牡丹として歌に詠まれるようになったという。
(2)和歌では「思ふ心」や「なげき」が「深まる」を掛け、また「(まがき)」や「庭」とともに詠まれることが多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の深見草の言及

【ボタン(牡丹)】より

…接木をはじめ栽培技法も宋代から進み,芍薬の台木を使うことも清代には広く行われた。【梅原 郁】
[日本]
 日本では深見草(ふかみぐさ),二十日草(はつかぐさ)などと呼ばれ,平安時代に宮廷や寺院で観賞用に栽培され,菊や葵(あおい)につぐ権威ある紋章として多く使われた。江戸時代には栽培が普及し,元禄時代(1688‐1704)に出版された《花壇地錦抄》には339品種が記録されている。…

※「深見草」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android