混合技法(読み)こんごうぎほう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

混合技法
こんごうぎほう
mixed technique英語
Mischtechnikドイツ語

テンペラ絵の具と樹脂を含む油絵の具の両者を併用して描く絵画技法。テンペラ技法の時代から油絵の時代へと発展する過渡期、あるいは油絵の初期において、行われたと推定されている。油絵の具の透明な効果と、テンペラによる精細な描線の特質を融合させることによって、堅固で精緻(せいち)な具象的形態を構築表現することができる。技法の基本は以下のとおりである。テンペラ絵の具を用いて下描(が)きの素描、インプリマトゥーラ(有色の地塗り)、白色による明部を描き、その上に樹脂油絵の具のグラッシをかけて色調を整え、まだ生乾きの上にさらにテンペラの白色で肉づけをする。そしてふたたび樹脂油絵の具のグラッシで描く。このように、油性絵の具と水性絵の具の性質を利用して、ぬれているうちに交互に描き加えていくウェット・イントゥー・ウェットの方法がこの技法の要点である。[長谷川三郎]
『マックス・デルナー著、佐藤一郎訳『絵画技術体系』(1980・美術出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の混合技法の言及

【テンペラ】より

…とくに微妙な混色は網目状の細線で重ねるなど,特殊な技術を使うこともある。卵の液の中に乾性油を滴下しながらよく攪拌した乳状液(エマルジョン)を展色剤として練った絵具を〈混合テンペラ〉と呼び,この絵具で描く技法を混合技法と呼ぶ。とくに15,16世紀のドイツ,オーストリアの地方で使われ,最近は細密描写に適した技法として再び利用者が増えている。…

※「混合技法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android