有色(読み)うしき

  • ゆうしょく イウ‥
  • ゆうしょく〔イウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。
① 物質的存在としての、形のあるもの。⇔無色(むしき)。〔日葡辞書(1603‐04)〕〔金剛経〕
② 欲界・色界の二界、または、色界。〔金剛般若経疏〕
※大乗院寺社雑事記‐寛正六年(1465)一〇月一四日「但於有色物者不可被用之由」
〘名〙
① 色のあること。色のついていること。また、特に美しいこと。なまめかしいこと。また、そのもの。
※光悦本謡曲・仏原(1452頃)「我はもとよりゆうしょくの花一時の盛なればちるを何と恨みんや」 〔管子‐戒〕
② 遊里で、容貌の美しい男、また、情夫・密夫をいう。いろ。
※洒落本・広街一寸間遊(1778)序「有浅黄裏有侠客又有有色(ユウショク)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有色の関連情報