コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混外 こんがい

1件 の用語解説(混外の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

混外 こんがい

1781-1847 江戸時代後期の僧。
天明元年生まれ。真言宗。江戸王子の金輪(きんりん)寺の別当をつとめ,谷文晁(ぶんちょう)らと親交をもつ。詩をつくり,作品が「五山堂詩話」などにのる。また画をこのみ宝珠をよくえがいたという。弘化(こうか)4年死去。67歳。法名は宥欣。号は緑庵,清音閣。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

混外の関連キーワード現成孤灯井上茶静荻江露友(3代)河原遜斎交寛美順阿中山雄平仁井田碓嶺山岡次隆