コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清まはり/浄まはり キヨマワリ

デジタル大辞泉の解説

きよ‐まわり〔‐まはり〕【清まはり/浄まはり】

神事を行う前に、心身のけがれを清めること。潔斎。斎戒
「その日より―して」〈発心集・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きよまわり【清まはり】

〔動詞「清まわる」の連用形から〕
物忌みして清浄になること。斎戒。潔斎。 「斎宮の御-も、わづらはしくや/源氏

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

清まはり/浄まはりの関連キーワード御灯・御燈連用形斎宮