コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎戒 さいかい

5件 の用語解説(斎戒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斎戒
さいかい

祭祀を前に心身を清め,禁忌を犯さないようにすること。心のけがれを清めることを斎といい,身のあやまちを禁じることを戒という。精進と同じ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さい‐かい【斎戒】

[名](スル)祭りを執り行うなど、神聖な仕事に従う者が、飲食や行動を慎み、心身を清めること。物忌み。潔斎。「斎戒して神事に就く」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

斎戒【さいかい】

祭に参加する者が行う忌(いみ)の一つ。一定期間,心身を清浄にし,禁忌をおかさないようにする。神道では〈いもい〉〈ものいみ〉とも。〈大宝令〉によれば大祀(大嘗(だいじょう)祭のみ)は1ヵ月斎,中祀は3日斎,小祀は1日斎とし,この期間,諸役人は弔喪,問病,食肉,刑殺の判定,罪人の罰,歌舞音曲,穢悪(えお)に触れることを禁じられた。
→関連項目物忌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

さいかい【斎戒】

( 名 ) スル
祭祀さいしなどを行う者が心身を清浄にすること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斎戒
さいかい

祭りに奉仕する者が、心身の清浄を目的として、事前に守り行う状態をさす。飲食や思念、言語、動作などを慎んで、もっぱら心身の清浄に努め、穢(けが)れに触れぬなど諸種の禁忌(さわりあるものとして禁ずること)が伴っている。そのためには、特定の期間、特定の場所で慎みを行うことも多い。祭りにあたって斎戒が必要とされるのは、奉仕者が神との交流を可能ならしめる絶対的な条件と考えられるからである。古語では忌み、物忌みなどといい、また精進(しょうじん)、潔斎(けっさい)、参籠(さんろう)なども同義の語である。古く大宝令(たいほうりょう)の制度では、斎戒に散斎(さんさい)(荒忌(あらいみ)・大忌(おおいみ))と致斎(ちさい)(真忌(まいみ)・小忌(おみ))を設け、祭祀(さいし)の大小によってその期間を定めている。散斎中に喪を弔い、病を問い、宍(しし)を食うことなど6種の禁をあげ、血の穢れなどの穢れにも触れないこととしている。致斎では祭祀に関することのみを行い、そのほかのことはすべて禁止されている。斎戒のもっとも積極的な方法としては禊(みそぎ)がある。禊は水に浴して穢れをすすぎ去ることであり、水の清浄力により聖別された人間になることで、古くから広く行われてきた。現在の神職もまた斎戒を重んじており、祭祀の規模に応じて期間を設け、沐浴(もくよく)して身体を潔(きよ)め、衣服を改め、居室を別にし、別火(べっか)の飲食をとり、動作を正し、不浄に触れないなどに努めている。[土岐昌訓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の斎戒の言及

【忌∥斎】より

…したがって逆に〈いみ〉の表現と〈いむ〉行為とは,特定の対象が神聖(清浄ないし不浄)であることを指示し,さらにそれを聖化し,聖別するとも考えられる。これらを総称して〈ものいみ〉・斎戒というが,これは一般に神聖性を対象化する意味にほかならない。古典の用語例をみると,〈いみ〉の場合,忌(斎)服屋(いみはたや),忌(斎)部(いむべ∥いみべ),斎食(いもひ∥いみひ),忌神(いみのかみ),斎戒・諱忌(ものいみ),忌(斎)火,忌柱(いみはしら),物忌(職掌名),事忌(こといみ)(忌言葉)など多く複合語としてほとんど神祇祭祀にかかわるもので,関連する事象がすべて非日常的に聖別されたものであることを示している。…

【斎】より

…中国で祭りを行う関係者が,当日はもちろん,その前から飲食や行動を慎んで心身を清浄にする散斎,最終的には精神集中によって神と交感できる状態を保つ致斎のこと。禁忌が多いので斎戒ともいう。《礼記(らいき)》祭統篇に〈散斎七日,……致斎三日,……然る後,以て神明に交わるべし〉とあるように,中国では古くから斎が祭りに不可欠とされていたことがわかる。…

【物忌】より

…神事ないし凶事の非常にあたって一定期間宗教的な禁忌を守り身を慎むこと。斎戒,諱忌とも書く。また,聖別の行為一般を指すところから特に聖別された神役の名ともなり,伊勢神宮をはじめ大社などでもっぱら禁忌を守り神事に仕える童女・童男をも指す。…

※「斎戒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

斎戒の関連キーワード独立参加参政ゼッケン補助参加荒忌アンガジェ当事者参加PKO参加5原則全員攻撃サンビスト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斎戒の関連情報