潔斎(読み)けっさい

精選版 日本国語大辞典「潔斎」の解説

けっ‐さい【潔斎】

〘名〙 心身を清めること。法会(ほうえ)写経神事などの前に、酒肉、五辛などの飲食をつつしみ、淫欲を断ち、沐浴(もくよく)などして身を清めること。精進(しょうじん)。ものいみ。きよまわり。けさい。
※続日本紀‐天平二〇年(797)五月丁丑「勅令下二天下諸国為太上天皇、毎七日、国司自親、皆請諸寺僧尼、聚集於一寺、敬礼読経」 〔後漢書‐列女伝・班昭
[補注]「延喜式」に国造や斎宮の潔斎の規定が見られる。平安末期から「精進」と意味が近接し、「精進潔斎」と併称されるようになる。

け‐さい【潔斎】

〘名〙 「けっさい(潔斎)」の変化した語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「潔斎」の解説

けっ‐さい【潔斎】

[名](スル)法会・写経・神事などの前に、酒肉の飲食その他の行為を慎み、沐浴もくよくなどして心身を清めること。物忌み。「潔斎して祭事に臨む」
[類語]斎戒清め

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「潔斎」の解説

【潔斎】けつさい

ものいみ。〔説苑、脩文〕、將(まさ)に祭らんとするや、必ず思し、親の(いま)すが(ごと)くし、~親の容貌を想ふ。~此れ孝子のなり。

字通「潔」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android