コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清元栄次郎(初代) きよもと えいじろう

2件 の用語解説(清元栄次郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清元栄次郎(初代) きよもと-えいじろう

?-? 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
清元節。文政10年(1827)2代清元延寿太夫立三味線をつとめ,以後天保(てんぽう)期にかけて活躍。作曲にすぐれ,江戸浅草諏訪町にすんでいたことから,「諏訪町の名人」とよばれた。実子が2代をついだ。作品に「文屋」「喜撰(きせん)」「三社祭」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

清元栄次郎(初代)

生年:生没年不詳
清元節中興の文政・天保期(1818~44)に活躍した三味線方。初代清元斎兵衛に次いで2代目清元延寿太夫の立三味線を勤める。作曲,演奏ともに優れ,「諏訪町の名人」といわれた。代表作は「落人」「文屋」など。実子が2代目を襲名したが大成しなかった。

(竹内有一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone