コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文屋 ぶんや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文屋
ぶんや

清元節の曲名。六歌仙を題材にした歌舞伎の五変化舞踊六歌仙』の2番目の曲。文屋康秀と官女の踊り。松本幸二作詞,1世清元斎兵衛作曲。天保2 (1831) 年3月中村座初演。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふみ‐や【文屋】

学問をする所。学問所。〈名義抄
書物を売る店。書店。本屋。
「厚面皮(あつかましく)一部の本となしてもて、―の肩を重らすものから」〈滑・七偏人・五〉
文屋司(ふみやのつかさ)」の略。

ぶんや【文屋】

歌舞伎舞踊。清元。松本幸二作詞、初世清元斎兵衛作曲。五変化舞踊「六歌仙容彩(ろっかせんすがたのいろどり)」の一つとして、天保2年(1831)江戸中村座初演。文屋康秀(ふんやのやすひで)が官女を相手に、軽妙洒脱に踊る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんや【文屋】

歌舞伎舞踊。清元。五変化《六歌仙容彩(ろつかせんすがたのいろどり)》(《六歌仙》)の一曲。文屋康秀(ふんやのやすひで)を色好みの安公卿として扱い,江戸後期の作品で滑稽,軽妙に描いたもの。〈田町は昔,今戸橋〉の新内がかりの情緒や,官女たちとの恋づくしの問答,〈富士や浅間の煙はおろか〉と端唄になってのゆったりとした趣など,変化に富む。官女たちとのやりとりに,卑猥な詞章がふくまれ,戯画化された活発な動きがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふみや【文屋】

本屋。書店。 「世の流行-の米箱をうるほす事/人情本・梅児誉美
学問をする所。学校 〔名義抄〕
「文屋司ふみやのつかさ」の略。
近世、江戸市内の文使いを業とした者。

ふんや【文屋】

〔「ぶんや」とも〕
姓氏の一。

ぶんや【文屋】

歌舞伎舞踊の一。清元。五変化舞踊。本名題「六歌仙容彩すがたのいろどり」の一曲。松本幸二作詞、1831年江戸中村座初演。六歌仙の一人文屋康秀ふんやのやすひでが当世風の洒落者として描かれ、官女と軽快・洒脱に踊る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

文屋の関連情報