コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清原令望 きよはらの よしもち

2件 の用語解説(清原令望の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清原令望 きよはらの-よしもち

?-? 平安時代前期の官吏。
左衛門府に勤務。元慶(がんぎょう)2年(878)出羽(でわ)の俘囚(朝廷に服属した蝦夷(えみし))の反乱(元慶の乱)のとき,出羽権掾(ごんのじょう)を兼務して秋田河(雄物川)で反乱軍をふせぐ。のち秋田城司となる。寛平(かんぴょう)6年大宰少弐(だざいのしょうに)のとき,新羅(しらぎ)(朝鮮)に対する防衛の強化を要請した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

清原令望

生年:生没年不詳
平安前期の武官。元慶2(878)年,出羽国に起こった俘囚の反乱(元慶の乱)に際し,藤原保則の鎮圧軍の一員として同年5月,出羽権掾に任命され,現地に下向,同年7月秋田河(雄物河)での戦いに活躍した。そうした手腕が買われたのであろう,乱平定後も秋田城司として駐留を命じられている。天性の武人で,のち大宰府(太宰府市)に少弐として赴任した際,新羅人の来襲に備え,兵を対馬に配置すること(894)や博多警固所に配置された「俘囚」の増強(895)を申請するなど,軍政にも能力を発揮。出羽に勢力を張った清原氏はこの令望から出たとする説もあるが,確証はない。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清原令望の関連キーワード元慶小野春泉坂上好蔭雀部茂世下毛野御安玉作正月麿藤原梶長藤原統行文室有房南淵秋郷

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone