清歌(読み)セイカ

大辞林 第三版の解説

せいか【清歌】

清らかな声で歌うこと。また、その歌。
管弦の伴奏なしで歌うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐か【清歌】

〘名〙
① きよらかな声で歌うこと。管弦の伴奏なしに歌うこと。また、その歌。
※本朝麗藻(1010か)上・花鳥春資貯〈大江通直〉「落蕊封来応万戸、清歌募得是千金」 〔曹植‐洛神賦〕
② 混じりけのない気持を表わすこと。
※抒情詩(1897)独歩吟〈国木田独歩〉序「今や議会に在りてすら清歌高明なる自由の理想は見る能はずなりたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android