コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宋之問 そうしもん Song Zhi-wen

6件 の用語解説(宋之問の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宋之問
そうしもん
Song Zhi-wen

[生]顕慶1 (656)?
[没]先天1 (712)
中国,初唐の詩人。汾州(山西省汾陽県)の人。一説に虢川(かくせん)弘農(河南省霊宝県)の人。字は延清。上元2(675)年進士に及第。則天武后に詩才を認められたが,張易之武三思と次々にときの権力者におもねった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そう‐しもん【宋之問】

[656ころ~712]中国、初唐の詩人。汾(ふん)州(山西省)の人。字(あざな)は延清。五言律詩の型を完成。沈佺期(しんせんき)とともに「沈宋」と併称される。宮廷詩人として活躍したが、睿宗(えいそう)のとき、欽州(広東省)に流され、死を賜った。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宋之問【そうしもん】

中国,初唐の詩人。汾州山西省の人。字は延清。沈【せん】期(しんせんき)とともに七言律詩の定型を創始し,〈沈宋〉と並称された。〈年年歳歳花相似たり歳歳年年人同じからず〉の一連を,与えないのを恨んで,土嚢で劉庭之を圧殺させたという伝説がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

そうしもん【宋之問 Sòng Zhī wèn】

?‐712
中国,初唐の詩人。汾州(山西省)の人。上元2年(675)の進士だが,時の権力に媚びたため世人の不評を買い,最後には誅殺された。その詩風は艶麗で,宮廷での即興の作が多い。沈約(しんやく),庾信(ゆしん)の後を受けて詩の韻律整備の面での貢献は大きく,〈沈宋〉と並称される沈佺期(しんせんき)とともに七言律詩の定型を作り出した。〈年年歳歳花相似たり,歳歳年年人同じからず〉の一連を自分に譲らぬために劉庭之を殺したという伝説は有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そうしもん【宋之問】

656頃~712) 中国、初唐の詩人。字あざなは延清。則天武后に詩才を認められたが、醜行多く、しばしば左遷され、ついに睿宗に死を賜った。友人沈佺期とともに五言律詩の定型をつくり、「沈宋」と並称される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宋之問
そうしもん
(656?―712?)

中国、初唐の詩人。汾州(ふんしゅう)西河(山西省汾陽県)の人。字(あざな)は延清。675年(上元2)進士に及第。則天武后に詩才を認められて尚方監丞(しょうほうかんじょう)、左奉宸内供奉(さほうしんないぐぶ)となり、沈(しんせんき)とともに宮廷詩人として活躍した。しかし、権臣の張易之(ちょうえきし)、武三思らに取り入り、一方で恩人を裏切るなど、無節操なふるまいが多かったため、心ある人々にそしられ、また二度の左遷の処置を受けた。睿宗(えいそう)の代に、権臣に取り入ったことをとがめられて欽州(きんしゅう)(広東(カントン)省欽県)に流罪となり、玄宗の即位後自殺を命ぜられて死んだ。沈期とともに「沈宋」と併称され、その詩風は六朝(りくちょう)以来の華美な風を色濃く残しているが、形式的に完全に整った律詩をつくり、律詩の韻律を集大成した功績は大きい。『宋之問集』二巻があり、『唐詩選』にその詩九首を収める。[齋藤 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宋之問の関連キーワード王維王翰王績王通王勃温庭筠司空図陳子昂楊炯盧照鄰

宋之問の関連情報