コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水利兵衛 しみず りへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水利兵衛 しみず-りへえ

?-1654 江戸時代前期の農民。
信濃(しなの)(長野県)高井郡押切村の名主郷倉に粗米をたくわえていたという理由で,責任をとわれ承応(じょうおう)3年処刑,闕所(けっしょ)となる。村人はその屋敷跡に利兵衛地蔵をまつった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

清水利兵衛の関連キーワード後光明天皇後光明天皇御義口伝後光明天皇かつら後西天皇シラノ・ド・ベルジュラック(Savinien de Cyrano de Bergerac)パスカル(Blaise Pascal)井沢弥惣兵衛黄檗宗

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android