コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水庄蔵 しみず しょうぞう

1件 の用語解説(清水庄蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水庄蔵 しみず-しょうぞう

1567-1629 織豊-江戸時代前期の陶工。
永禄(えいろく)10年生まれ。尾張(おわり)(愛知県)常滑(とこなめ)の人。慶長3年(1598)森窯をきずき,赤瓶(あかがめ),真焼(まやけ)などを製作した。寛永6年死去。63歳。子孫は代々家業をつぎ,9代(守衛)は,明治16年宇都宮三郎の指導をうけて平地窯をつくった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

清水庄蔵の関連キーワード一峰麟曹国次(2)(2代)順専正玄正山雪林等木奈良利宗塙安友正俊(初代)