清鶴(読み)きよつる

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「清鶴」の解説

きよつる【清鶴】

大阪の日本酒。純米大吟醸酒「ふりーらん」「天有酒星地有酒泉」、純米吟醸酒「雪華」、純米酒「あらばしり」「ひやおろし」、本醸造酒「氷花」「燗づくり」などがある。平成19、23年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、五百万石、オオセト。仕込み水は阿武山系の伏流水蔵元の「清鶴酒造」は安政3年(1856)創業。所在地は高槻市富田町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラス「清鶴」の解説

清鶴

大阪府、清鶴(きよつる)酒造株式会社の製造する日本酒。平成23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android