コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

済信 せいじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

済信 せいじん

さいしん

済信 さいしん

954-1030 平安時代中期の僧。
天暦(てんりゃく)8年生まれ。源雅信(まさのぶ)の3男。真言宗勧修(かじゅう)寺の雅慶(がけい)にまなび,寛朝(かんちょう)から灌頂(かんじょう)をうけ,仁和寺(にんなじ)北院にはいる。東大寺別当,勧修寺長吏,東寺長者法務。寛仁(かんにん)3年大僧正となり,僧としてはじめて牛車(ぎっしゃ)の宣旨をうけた。長元3年6月11日死去。77歳。「せいじん」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

済信

没年:長元3.6.11(1030.7.14)
生年天暦8(954)
平安中期の真言宗の僧。左大臣源雅信の子。勧修寺の雅慶のもとで出家し,遍照寺の寛朝に伝法灌頂を授かる。最高位は大僧正で東寺長者に就任。その出身と傑出した霊力により,皇室や貴族層の尊崇あつく,仏教最大の法会たる御修法を主宰すること13年。藤原道長の死に際しては葬儀導師を勤めた。

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

済信の関連キーワード安田信託銀行[株]みずほ信託銀行安田信託銀行性信入道親王出エジプト記性信信覚延尋没年

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android