コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

済深入道親王 さいじんにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

済深入道親王 さいじんにゅうどうしんのう

1671-1701 江戸時代前期,霊元天皇の第1皇子。
寛文11年8月16日生まれ。母は小倉実起(さねおき)の娘,中納言典侍。天和(てんな)2年親王,出家して勧修(かじゅう)寺の長吏となる。のち東大寺別当をかね,元禄(げんろく)5年光暁より灌頂(かんじょう)をうけた。東大寺大仏頭部が新鋳・修理されたおりには,開眼法会(かいげんほうえ)の導師をつとめた。元禄14年12月2日死去。31歳。名は寛清。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

済深入道親王 (さいじんにゅうどうしんのう)

生年月日:1671年8月16日
江戸時代中期の霊元天皇の第1皇子
1701年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

済深入道親王の関連キーワード生年月日霊元天皇

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android