コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋川伴五郎(4代) しぶかわ ばんごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋川伴五郎(4代) しぶかわ-ばんごろう

1720-1797 江戸時代中期の柔術家。
享保(きょうほう)5年生まれ。3代渋川伴五郎の子。家伝の柔術および長沼流兵学をきわめる。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩主有馬頼貴(よりたか)につかえ,江戸邸に出仕。渋川流を体系づけ,渋川流中興の祖といわれる。寛政9年3月7日死去。78歳。名は時英。号は勝斎。著作に「柔術大成録」「薫風雑話」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

渋川伴五郎(4代)の関連キーワードサルデーニャ王国サルジニア王国ティークダンジョーディーンツェンホーファーハイデルベルクバロック音楽王鳴盛ミュンヒハウゼン物語エリヤ

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android