コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワトー Watteau, (Jean-) Antoine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワトー
Watteau, (Jean-) Antoine

[生]1684.10.10. バランシエンヌ
[没]1721.7.18. ノージャン・シュル・マルヌ
フランスの画家。瓦職人の家に生まれる。 1702年ほとんど無一文でパリに出て,1704年クロード・ジローの工房に入り,1708年クロード・オードランの助手を務めた。一度故郷のバランシエンヌに帰ったが,1710年再びパリに戻り,美術収集家のピエール・クロザの知遇を得,彼の持ち帰ったベネチア派,フィレンツェ派の絵画の模写を通して,やわらかい色彩による優美な作風を確立。 1717年に代表作『シテール島への船出』 (ルーブル美術館) を発表,アカデミー会員となった。 1719年イギリスに渡ったが 1720年帰国。健康を害してノージャン・シュル・マルヌに引退,最後の作品『ジル』 (同) を制作した。 18世紀フランスロココ様式の伝統を築き,フェート・ガラント (雅宴画) を創始して「雅宴の画家」と呼ばれた。その他の主要作品は『無関心』 (1716,同) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ワトー(Jean Antoine Watteau)

[1684~1721]フランスの画家。豊かな色彩と優雅な詩情をもって淑女の社交風景を描き、ロココ美術の代表的画家の一人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ワトー

フランス・ロココの代表的画家。バランシエンヌに生まれ,18歳のころパリに出,一時ロンドンに渡ったほかはおもにパリで制作。当時流行のイタリア喜劇や宮廷生活,兵士の生活などを柔らかい色調ではなやかに描き多大な影響を与えた。
→関連項目ブーシェモンティセリロココ美術

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワトー【Jean Antoine Watteau】

1684‐1721
フランスの画家。散逸した作品,保存の劣悪な作品が多いため,必ずしもその全貌は明らかではないが,18世紀のロココ美術を先導し,またその最上の精神を表現した画家といえる。 ベルギーに近いバランシエンヌに生まれ,土地の地方画家に学んだのちパリに出る。当初は,オランダ風俗画や土産物用の宗教画のコピーによって生計を立てる。ついで1703年ころよりジローC.Gillotに学び,芝居や庶民生活を題材とする師の画風をわがものとする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ワトー【Antoine Watteau】

1684~1721) フランスの画家。風俗・喜劇などを題材に独自の画風を展開し、田園での奏楽・恋愛・宴などのロココ様式独特の画風を確立した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワトー
わとー
Jean Antoine Watteau
(1684―1721)

フランス18世紀、ロココ美術を代表する画家。バランシェンヌに生まれる(10月10日受洗)。生地で画家の修業をしたあと、1702年パリに出て、宗教画やオランダの絵画のコピーの仕事をし、やがて03年から07、08年ごろまでクロード・ジローのもとで助手をつとめる。ジローは当時流行したイタリア喜劇を描く芝居絵の画家であり、その彼に学んだことは、のちにワトーの画風や主題の選択に大きな影響を与えた。ジローのもとを離れてから、当時リュクサンブール宮の美術品の管理をしていたクロード・オードラン3世のもとに寄寓(きぐう)し、彼の装飾画を手伝うが、このとき以降、ワトーはシノワズリー装飾など、ロココの装飾形式に先鞭(せんべん)をつける。その一方、リュクサンブール宮の王室美術品、レオナルド・ダ・ビンチやベネチア派、ルーベンスなどに学び、構想や技法を養う。10年、故郷に一時帰国するが、この旅行のとき見聞した軍隊の野営などのテーマを扱っている。パリに帰ったあと、多くの美術愛好家たちの知遇を得て、彼らのために肖像を描き、あるいは風景描写の探求を試みている。彼は病身で移り気なため、これらの愛好家たちの館(やかた)に転々と寄寓したが、美術コレクターとして有名なクロザPierre Crozat(1665―1740)のノジャン・シュル・マルヌの館を自由に使う許しを得、クロザの素描コレクションに親しんだ。
 1717年、早くからアカデミーに求められていた会員資格候補作品『シテール島の巡礼』(ルーブル美術館)を提出、アカデミーは「雅宴(フェート・ガラント)の画家」としてワトーを受け入れる。このジャンルは、やがてアントアーヌ・パテール、ランクレたち、彼の弟子や追随者によって多く描かれ、ロココ美術の代表的なテーマとなるが、ワトーは野外の風景の中に男女たちの語らい、音楽、愛を描き、舞台的・夢幻的な情景を描いたという点でも、人体と自然を一つの夢想的な調和によって描いた点でも、真にロココ的なものに先駆する。と同時に、ロココを代表したのは彼の「雅宴」の一群の作品であった。彼は胸を患っていたため、19年イギリスに渡るが治療は成功せず、20年夏パリに帰り、画商ジェルサンのもとに寄寓し、『ジェルサンの看板』(ベルリン、シャルロッテンブルク宮)を描いている。白い道化服の『ピエロ』(従来『ジル』と名づけられていた作品。ルーブル美術館)も、彼の最後の時期に属する作品であり、前者は、室内を描くレアリスムと華麗な人物や衣装の配置の調和で、後者は、そのきわめて純粋な人物描写で、ワトー最後の傑作である。21年7月26日ノジャン・シュル・マルヌの館で没。
 37歳に満たぬ短い生涯であったが、ワトーはかなり多くの作品を制作し、しかもその大半は最後の数年に集中している。友人ジャン・ド・ジュリエンヌが画家の没後、装飾模様、デッサン、油彩を四冊の版画集として刊行しているが、現存の作品はかならずしも多くなく、大半はこの版画集によって知られるにすぎない。デッサンは、ルーブル、大英博物館、ストックホルム国立美術館に大量に保存され、サンギーヌによるさまざまな女性の姿態がとらえられている。[中山公男]
『中山公男解説『世界美術全集17 ワトー』(1979・集英社) ▽中山公男編著『世界の素描12 ワトー』(1979・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のワトーの言及

【道化】より

…18世紀のイタリアでは,ゴルドーニとC.ゴッツィがコメディア・デラルテの〈近代化〉を試みたが,ロココ趣味のフランスではピエロ役者ジルGillesが人気を呼んだ。ワトーをはじめとする画家たちが競って描いたその感傷的な肖像を見ると,道化がすっかり活力を失ったように思える。イギリスでは,19世紀初頭の名道化ジョーイ・グリマルディが際だっている。…

【風俗画】より

…フランスではロココ様式のフェート・ギャラント(雅宴画)の最盛期であった。ワトー,ランクレ,ブーシェは貴族の園遊会,あいびき,貴婦人と朝の化粧などをテーマに,上流階級の風俗のよき記録者となった。他方,シャルダンは《市場帰り》(1739)などで,ロココの貴族的な風俗画に背を向け,中産階級の地味な生活感情を謳歌した。…

【フェート・ギャラント】より

…〈艶(えん)なる宴〉の意であるが,特定の美術ジャンルをさして使われる語で,〈雅宴画〉などと訳される。ワトーがアカデミー会員候補作品として提出した作品《シテール(キュテラ)島の巡礼》が,当時のアカデミーのどの部門にも属さなかったため,この名称が新たに案出された。野外に集い,会話,音楽,ダンスなどを楽しむ人々の情景を描く作品にあたえられる名称である。…

【フランス美術】より

…この精妙な,洗練された感受性こそ,中世の《愛に捉われた心》の写本挿絵からフォンテンブロー派を経て艶麗なロココの美術へ,さらには〈アンティミスト〉と呼ばれたボナールやビュイヤールの洗練された表現にまでつながるフランス美術のもう一つの重要な特質である。人間の心の微妙なゆらめきを,ひめやかな絹の手触りと薄暮の田園の哀愁をこめて描き出した洗練の極致ともいうべきワトーの作品を思い出してみれば,このことはおのずから明らかであろう。落日の一瞬の輝きを反射する水面の変化を捉えたクロード・ロランの海景や,あるいは大気と光の移り変りをそのまま画面に定着しようとした印象派の鋭敏な感覚も,その例証である。…

【フランドル美術】より

… 17世紀末から18世紀を通じては,フランスの政治的・文化的侵攻も作用してフランドルの美術活動は若干の新古典主義の世俗建築を除いては概して低調である。ただし,フランス・ロココ絵画の祖A.ワトーがその誕生の数年前フランス領となったバランシエンヌの出身で,その画風にはルーベンスをはじめとするフランドル絵画の伝統が継承されていることは銘記すべきであろう。19世紀以後再び美術が興隆するが,その記述はベルギー[美術]の項に譲る。…

【模写】より

…しかしたとえば,オッタビオ・デ・メディチがアンドレア・デル・サルトに命じてラファエロの《レオ10世の肖像》を描かせ,この模写をマントバ公に贈ったという逸話が示すように,名品の優れた模写は,画家の独創性という観念とは別個に,尊重されていた。また,18世紀,修業時代のワトーが,生計のためにコピースト(模写画家)として,オランダの画家G.ダウなどの作品の模写に励んでいたという挿話は,複製技術の乏しい時代においてコピーストが重用されていたことを示している。 19世紀以降しばしば認められるのは,過去の作品の主題や構図を自然のモティーフと同様に考え,それらを自由に模写し個性的に変奏した作品である。…

※「ワトー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ワトーの関連キーワードパテール(Jeanドビュッシー:喜びの島/piano soloジロー(Claude Gillot)ファンタン・ラトゥールウォレス・コレクションフェート・ギャラントティッシュバイン家レオポール=レビキアロスクーロロマン主義美術エリザベストンジェー語系諸族フランス美術フラゴナールマイセン磁器シノワズリーゲインズバラディートリヒチェルシー窯ロココ人形

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android