コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋川流 シブカワリュウ

大辞林 第三版の解説

しぶかわりゅう【渋川流】

柔術・剣術などの一派。江戸時代、渋川伴五郎義方が創始。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渋川流
しぶかわりゅう

柔術の一流派。流祖は渋川伴五郎義方(ばんごろうよしかた)(1652―1704)。義方は関口流2代関口八郎左衛門氏業(うじなり)の高弟で1680年(延宝8)皆伝を得、師の薦めで信州松代(まつしろ)真田(さなだ)侯に仕えたが、のち江戸に出て、芝に道場武義堂(ぶぎどう)を開き、渋川流を称した。技術の内容は関口流を改編したものが大部分であったが、「心のねり」「践占(ふみしめ)」ということを強調したのが特色で、一躍有名となった。門人の弓場弾右衛門政賢(ゆばだんえもんまさかた)(のち友右衛門胤親(ともえもんたねちか))が2代目、その子資矩が3代目を継いだ。資矩は、長沼流兵学を佐枝尹重(さえぐさただしげ)に学んで免許を得て、大名らの門人も多く、道場を麻布我善坊(あざぶがぜんぼう)に移した。4代伴五郎時英(ときひで)(1720―97)は、幼少より聡明(そうめい)の誉れ高く、父について長沼流を修め、父のつくった柔術大意・同稽古規などの口義書をはじめ、『柔術目彙(もくい)』『柔術大成録』『薫風雑話』など、多数の著述を残し、理論的にも、体系的にも、渋川流を大成した。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の渋川流の言及

【渋川伴五郎】より

…江戸前期の柔術家。渋川流柔術の祖。字(あざな)は義方。…

※「渋川流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

渋川流の関連キーワード渋川伴五郎(初代)渋川伴五郎(3代)渋川伴五郎(4代)弓場弾右衛門篠山光官柔術柔道

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android