コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナレット カナレット Canaletto

7件 の用語解説(カナレットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カナレット
カナレット
Canaletto

[生]1697.10.18. ベネチア
[没]1768.6.20. ベネチア
イタリアの風景画家,銅版画家。本名 Giovanni Antonio Canale。 1719年頃ローマで修業後ロンドンに一時滞在したが,おもにベネチアで活躍。遠近法を用いた精密な描写でベネチアの都市風景画を制作し,銅版画も残している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カナレット
カナレット
Canaletto

[生]1720.1.30. ベネチア
[没]1780.10/11.17. ワルシャワ
イタリアの画家,銅版画家。本名 Bernardo Bellotto。カナレット (本名アントニオカナーレ) の弟子で甥にあたる。 1742年までベネチアの風景を描き,以後北イタリア各地を遍歴し 47年ミュンヘンにいたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カナレット(Canaletto)

[1697~1768]イタリアの画家。本名、アントニオ=カナル(Antonio Canal)。ベネチアの町並みや運河の景観を描いた作品で有名。甥(おい)のベロットカナレットと称し、各地の都市景観画を描いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カナレット

イタリアの画家。本名ジョバンニ・アントニオ・カナルGiovanni Antonio Canal。ベネチア生れ。生地の名所,史跡をパノラマ風に克明に描き,光や大気の微妙な効果を巧みに捉えた。
→関連項目グアルディロココ美術

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カナレット【Canaletto】

1697‐1768
イタリアの風景画家。本名カナルGiovanni Antonio Canal。ベネチアに生まれ,生涯のほとんどを同地ですごす。父親にならって舞台背景の画家として出発するが,1720年ころから,当時ローマとベネチアで台頭した新分野,〈ベドゥーテvedute(都市景観図)〉の画家として活動,多大な成功を収めた。正確な遠近法,綿密な細部描写,光や空気の効果に対する鋭敏な感覚をもって描かれた数多いベネチア風景は,写真的な迫真性を特徴とし,清朗華麗なこの都市の雰囲気をよくとらえている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カナレット【Canaletto】

〔本名 Antonio Canale〕 (1697~1768) イタリアの画家。精密な写実的描写で生地ベネチアの風景を多く描いた。甥おいのベロット(Bernardo Belotto1720~1780)も画家で、同じくカナレットと称した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カナレット
かなれっと
Canaletto
(1697―1768)

18世紀イタリアの画家。本名はジョバンニ・アントニオ・カナルGiovanni Antonio Canal。10月28日ベネチアに生まれ、1768年4月20日同地で没した。父ベルナルド・カナルは芝居の背景画家であり、その手伝いをした記録が1716年から残っている。19年ローマ訪問後、20年ベネチアの画家組合に登録、年代の確かな最初の作品は22年の『墓碑』連作画である。オランダ人のバンビテッリVanvitelliやカルレバリスCarlevarisなどから影響を受け、4枚のベネチア景観図(1725~26)をルッカのステファノ・コンティのために描き、これ以後ベドゥータ(都市の眺望画)の画家として有名になる。『石屋の作業場』(1726~30ころ。ロンドン・ナショナルギャラリー)などの作品には自由な筆致と光と影の微妙なコントラストがみられる。カメラ・オブスキュラを使い写実的な実景画を多数描いただけでなく、現実には存在しない配置の絵(カプリッチ)も制作している。後のイギリス領事ジョセフ・スミスの知遇を得、46年以後たびたびイギリスを訪れて風景画を描いた。63年アカデミー会員となる。甥(おい)のベロット(通称は同じカナレット)やグァルディなどに強い影響を与えた。[篠塚二三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカナレットの言及

【イタリア美術】より

バロック美術
【18~19世紀】
 18世紀は,ベネチアが,印象主義の真の祖とも呼びうる〈ベドゥータveduta(眺望画)〉によって,現代を予告している。カナレット,F.グアルディは,外光の描写を初めて実現した。また,ローマでは建築家G.B.ピラネージが古代ローマの遺跡の版画集を出版し,新古典主義に大きな刺激を与えた。…

【ベネチア派】より

…ジャンル的には,とくにベネチア派独自のものとして街景画(ベドゥータveduta)と肖像画をあげることができよう。ヤコポ・ベリーニ以来の人物より環境空間を重視する傾向は,一方ではジョバンニ・ベリーニ,ジョルジョーネ,初期のティツィアーノという抒情的な理想郷的風景表現の系譜となり,他方でジェンティーレ・ベリーニやカルパッチョから18世紀のカナレット,ベロットに至る都市空間を明晰な遠近法で再現する街景画の系譜となって,近代的風景画の中に流れ込んでいく(この中でグアルディは街景画を非現実的な詩的幻想に転じたことで異色の存在である)。一方,肖像画は,ジョバンニ・ベリーニやアントネロ・ダ・メッシナからロット,ティツィアーノ,ティントレットに至る伝統が,濃密な生動感と鋭敏な精神性をたたえた近代的肖像画の源泉として輝かしい光彩を放っている。…

※「カナレット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カナレットの関連キーワードコンスタブルシーシキンセーヘルスブリルベルネイタリアングアルディイタリアンカジュアル春泉亭ポッテル

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カナレットの関連情報