渋川則休(読み)しぶかわ のりよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋川則休 しぶかわ-のりよし

1717-1750 江戸時代中期の暦算家。
享保(きょうほう)2年生まれ。渋川敬尹(ひろただ)の長男。渋川家4代敬也(ひろなり)の養子。享保12年(1727)11歳で幕府天文方となる。寛延3年西川正休(まさよし)とともに京都で陰陽頭(おんようのかみ)土御門泰邦(つちみかど-やすくに)と改暦の交渉にあたるが,桜町上皇死去のため中断した。寛延3年8月24日死去。34歳。江戸出身。通称は六蔵

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android