コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋谷正吉 しぶや しょうきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋谷正吉 しぶや-しょうきち

1929- 昭和-平成時代の気象観測家。
昭和4年1月29日生まれ。大正9年父渋衛(しぶえ)が郷里山形県長井市でつづけていた気象観測を受けつぐ。自宅近くの観測所で一日も欠かさず気温,湿度,雨量,積雪量などの観測をつづけ,山形地方気象台にデータを提供。とくに野川の水温調査は,ダム開発や農業用水改善に役立った。平成2年吉川英治文化賞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

渋谷正吉の関連キーワード昭和

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android