減劫(読み)げんごう

精選版 日本国語大辞典の解説

げん‐ごう ‥ゴフ【減劫】

〘名〙 仏語。仏教で、人間の寿命が無量歳ないしは八万歳から年々、または一〇〇年に一歳ずつ減じて一〇歳に至る過程をいう。一〇歳になると、また同じ過程を経て増加し、増加が極限に至ると、また減ずるという過程を繰り返すと考える。⇔増劫(ぞうごう)
※秘蔵宝鑰(830頃)中「増劫之日人皆思十善、減劫之年家好十悪」 〔禅林宝訓‐一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android