渡辺保(読み)わたなべ たもつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺保 わたなべ-たもつ

1936- 昭和後期-平成時代の演劇評論家。
昭和11年1月10日生まれ。昭和33年東宝に入社し,演劇部企画室につとめ,室長となる。かたわら評論活動をおこない,50年「女形運命」で芸術選奨新人賞,57年「忠臣蔵」で平林たい子文学賞,62年「娘道成寺」で読売文学賞。同年淑徳短大教授。平成7年「四代目市川団十郎」で芸術選奨,10年「黙阿弥明治維新」で2度目の読売文学賞。東京出身。慶大卒。本名は邦夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渡辺保の関連情報