コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺晨畝 わたなべ しんぽ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺晨畝 わたなべ-しんぽ

1867-1938 明治-昭和時代前期の日本画家。
慶応3年11月3日生まれ。荒木寛畝(かんぽ)の門人。花鳥画,とくに孔雀の絵を得意とした。日中画壇の交流につくし,おおくの作品に徐世昌,愛新覚羅溥儀(あいしんかくら-ふぎ),愛新覚羅溥傑らの賛がある。昭和13年2月11日死去。72歳。陸奥(むつ)郡山(福島県)出身。旧姓は安藤。本名は昇。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

渡辺晨畝の関連キーワードマキノ雅広久松静児バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆山本嘉次郎珪藻土ホロコーストカルネ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android