コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐世昌

7件 の用語解説(徐世昌の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

徐世昌

中国の政治家。河北省天津生。号に東海・水竹邨人等。進士となり、のち袁世凱の推挙で商部右丞となる。民国成立後、国務総理となった。博学能文をもって知られ、パリ大学より文学博士を贈られた。東方絵画協会会長。民国25年(昭和11)歿、79才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょ‐せいしょう〔‐セイシヤウ〕【徐世昌】

[1855~1939]中国、末・民国初期の政治家。天津(てんしん)(河北省)の人。字(あざな)は菊人(きくじん)。1918年、安徽(あんき)派奉天派に推されて大総統に就任、革命派との和議を策したが失敗。1922年直隷派の圧力で辞任。シュイ=シーチャン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

徐世昌【じょせいしょう】

中国,清末から民国初期の軍閥政治家。河北省の人。清末に袁世凱の信を得て,清朝廷の最高顧問となる。中華民国成立後は袁政権の国務卿。1918年安徽派と奉天派軍閥に推され第4代大総統に就任,在任中に五・四運動が起こった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じょせいしょう【徐世昌 Xú Shì chāng】

1855‐1939
中国の政治家。河北省天津の人。字は菊人,号は東海。32歳で進士となり,以後順調に出世して清末には新設の東三省総督になった。袁世凱と親しく,北洋軍閥中の文官派長老で,中華民国第4代大総統(1918‐22)にもなった。時に〈標準遺老〉と評されたことが示すように,王朝の変相としての民国の一面を代表する人物である。《清儒学案》や《顔李叢書》の編纂刊行など,伝統文化の称揚に尽くしたことは評価される。【狭間 直樹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じょせいしょう【徐世昌】

1855~1939) 中国、清末・民国初期の政治家。天津てんしんの人。1918年安徽あんき派・奉天派の支持で大総統に選ばれ、革命派との妥協を図ったが失敗。22年辞任。シュイ=シーチャン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徐世昌
じょせいしょう
Xu Shi-chang; Hsü Shih-ch`ang

[生]咸豊8(1858)
[没]1936
中国,清末,民国初期の政治家。字は菊人。号は東海。天津の人。幼時より袁世凱と親しく,袁の台頭とともに出世し,東三省総督などを経て,辛亥革命時には内閣協理大臣 (副首相) であった。袁の政権掌握後,その下で国務卿 (首相) をつとめ,袁の死後は北洋系 (→北洋軍閥 ) の最長老となり,1918年北京政府の大総統に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徐世昌
じょせいしょう / シュイシーチャン
(1858―1936)

中国、清(しん)末から民国にかけての政治家。天津(てんしん)生まれ。清末、東三省総督、参謀総長、清廷最高顧問を歴任。1911年の辛亥(しんがい)革命後、清の遺老として退位後の宣統帝の師傅(しふ)となった。民国成立後の1914年、袁世凱(えんせいがい)の推挙により国務総理となったが、翌1915年、袁の帝政計画に反対して辞職。1918年、安徽(あんき)派、奉天派軍閥に推されて大総統に就任し、南方派(革命派)との和議を策したが成功しなかった。五・四運動では民衆運動を抑圧した。1922年、奉直戦争で奉天派が敗れて辞任し、それ以後は故郷の天津に閉居した。[安藤彦太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の徐世昌の言及

【正史】より

…10世紀以後,政府によって公認された特定の史書に正史の名が冠せられ,司馬遷の《史記》にはじまり欧陽修の《五代史記》に至る歴代17種の紀伝体歴史書を十七史とした。正史の数は時代が下るにつれ増え,明代二十一史,清では二十二史となったが,乾隆以後,《旧五代史》《旧唐書》を加えて二十四史,1922年大総統徐世昌は柯劭忞(かしようびん)の《新元史》を入れて二十五史とした。最近の中国では《清史稿》も正史に準じて扱っている。…

※「徐世昌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

徐世昌の関連キーワード賈耽車胤李先念宋敏求薊県長城水上公園天津の南京路南市食品街李石曾大仏寺(中国,河北省)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone