渡辺武信(読み)わたなべ たけのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺武信 わたなべ-たけのぶ

1938- 昭和後期-平成時代の詩人,評論家,建築家。
昭和13年1月10日生まれ。東大在学中に天沢退二郎,鈴木志郎康らと同人誌「赤門詩人」を,のち「凶区」を創刊。昭和36年詩語の社会的解放をめざす柔軟な技法の第1詩集「まぶしい朝・その他の朝」を発表して注目される。詩集はほかに「熱い眠り」,評論集に「詩的快楽の行方」「住まい方の思想」「住まい方の実践」「ヒーローの夢と」など。神奈川県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android