コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺武信 わたなべ たけのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺武信 わたなべ-たけのぶ

1938- 昭和後期-平成時代の詩人,評論家,建築家。
昭和13年1月10日生まれ。東大在学中に天沢退二郎,鈴木志郎康らと同人誌「赤門詩人」を,のち「凶区」を創刊。昭和36年詩語の社会的解放をめざす柔軟な技法の第1詩集「まぶしい朝・その他の朝」を発表して注目される。詩集はほかに「熱い眠り」,評論集に「詩的快楽の行方」「住まい方の思想」「住まい方の実践」「ヒーローの夢と死」など。神奈川県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

渡辺武信の関連キーワードルドフスキー日活(株)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android