コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺治右衛門(1) わたなべ じえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺治右衛門(1) わたなべ-じえもん

1872*-1930 明治-昭和時代前期の銀行家。
明治4年12月28日生まれ。13年治右衛門10代となり,東京第二十七国立銀行,あかぢ銀行などを経営。大正9年二十七銀行を東京渡辺銀行と改称。関東大震災後,経営が悪化。昭和2年片岡直温(なおはる)蔵相の衆議院予算委員会での渡辺銀行破綻の発言を契機に渡辺・あかぢ両銀行は休業となり,これが金融恐慌の発端となった。昭和5年1月4日死去。60歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

渡辺治右衛門(1)の関連キーワード銀行家明治

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android