コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺一 わたなべ はじめ

4件 の用語解説(渡辺一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺一 わたなべ-はじめ

わたなべ-かず

渡辺一 わたなべ-かず

1767-1839 江戸時代後期の和算家。
明和4年7月27日生まれ。生家は陸奥(むつ)信夫(しのぶ)郡(福島県)土湯(つちゆ)の旅館。会田安明(やすあき)にまなび,最上(さいじょう)流をひろめた。文政2年陸奥二本松藩につかえる。門人に佐久間質(しつ)ら。天保(てんぽう)10年10月7日死去。73歳。初名は一積。字(あざな)は貫卿。通称は治右衛門。号は東岳,西河など。著作に「算法貫通全表」など。

渡辺一 わたなべ-いち

わたなべ-かず

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

渡辺一

没年:天保10.10.7(1839.11.12)
生年:明和4(1767)
江戸後期の和算家。通称治右衛門,字は貫卿,東岳と号した。俳号は西河。陸奥国信夫郡(福島県)土湯生まれ。19歳のとき,須永通屋に学び,会田安明と土湯で会い,31歳まで江戸で安明に師事。寛政9(1797)年二本松藩に召し出され,文政2(1819)年20石,12年65石を給せられ,二本松で最上流和算を盛んにした。多数の著述があるが,『算法身之加減』は復刻されている。師の安明との交際は密で,安明に送った手紙を集めた「渡辺文書」はこのことをよく表している。さらに,文政2年会田の3回忌に江戸浅草観音境内に記念の算子塚を建てたとき,碑前に捧げた題術3題などを集めたのが『謹薦算法』(1819)である。

(道脇義正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渡辺一の関連キーワード斎藤抱山日下誠秋保新左衛門河西清義鴨下春良岸通昌後藤美之寺島宗伴村田勝光山田正重

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

渡辺一の関連情報