コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺規綱 わたなべ のりつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺規綱 わたなべ-のりつな

1792-1871 江戸後期-明治時代の武士,茶人。
寛政4年生まれ。三河奥殿(おくどの)藩主松平乗友の次男。尾張(おわり)名古屋藩重臣渡辺綱光(つなみつ)の養子。文化14年家老となるが,翌年辞任し文政2年28歳で隠居。剃髪(ていはつ)して兵庫入道と称し,茶道,作陶(宗玄焼)をたのしむ。本草学にも通じ,「本草図譜」などをあらわした。明治4年1月18日死去。80歳。初名は綱久。通称は半蔵。号は又日庵(ゆうじつあん),宗玄など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

渡辺規綱の関連キーワード渡辺又日庵

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android