コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺重春 わたなべ しげはる

2件 の用語解説(渡辺重春の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

渡辺重春

国学者。通称上野介、号は桜園・欽英書屋。重蔭の長男、重名の孫。豊前中津生。定村直孝萩原広道佐久良東雄大国隆正に師事。平田篤胤歿後の門人。古表神社神主・中津藩皇学校教授・龍田神社大宮司等を務め、正七位・小教正に進む。国典に通じ、和歌・詩を能くした。著書に『古史伝拾遺』『六史提要』等がある。明治23年(1890)歿、60才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺重春 わたなべ-しげはる

1831-1890 幕末-明治時代の国学者。
天保(てんぽう)2年3月10日生まれ。渡辺重蔭(しげかげ)の長男。重石丸(いかりまろ)の兄。定村直孝(なおたか),萩原広道,大国隆正らにまなび,のち平田篤胤(あつたね)の没後門人となる。明治4年豊前(ぶぜん)中津藩(大分県)藩校進脩館教授。のち広田神社,竜田神社などの大宮司をつとめた。明治23年5月9日死去。60歳。号は桜園,欽英書屋。著作に「古史伝拾遺」「豊前志」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

渡辺重春の関連キーワード可部赤迩青木千枝赤井水雄小畑鹿太関守雄高平真藤服部正樹春山弟彦村田良穂吉野義巻

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone