コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺重蔭 わたなべ しげかげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺重蔭 わたなべ-しげかげ

1792-1881 江戸後期-明治時代の国学者。
寛政4年10月18日生まれ。渡辺重名(しげな)の子。重春(しげはる),重石丸(いかりまろ)の父。家をつぎ,豊前(ぶぜん)の八幡古表(こひょう)神社(福岡県吉富町)神職となり,中津藩につかえた。明治14年2月5日死去。90歳。
【格言など】ここもまた同じ皇国(みくに)の内なれば旅に死ぬとは思はざりけり(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

渡辺重蔭の関連キーワードフランス史(年表)アレクサンドルアレクサンドル体操競技都市気候ブラジル文学おもなお雇い外国人石井庄助ラ・マルセイエーズ雲仙岳噴火・雲仙嶽噴火