コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩原広道 はぎわら ひろみち

美術人名辞典の解説

萩原広道

国学者・岡山藩士。通称小平太・鹿蔵・鹿左衛門、名は浜雄、号に葭沼・鹿沼・出石居・蒜園等。岡山生、大坂住。大国隆正門人。著書は『源氏物語評釈』『遺文集覧』等多数。文久3年(1863)歿、49才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はぎわら‐ひろみち〔はぎはら‐〕【萩原広道】

[1815~1864]江戸後期の国学者備前の人。本居宣長私淑し、大国隆正に師事。著「源氏物語評釈」「本学提綱」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萩原広道 はぎわら-ひろみち

1815-1864* 江戸時代後期の国学者。
文化12年2月19日生まれ。備前岡山藩士。平賀元義(もとよし),大国隆正(たかまさ)にまなぶ。弘化(こうか)2年浪人となり,大坂にすむ。本居宣長(もとおり-のりなが)に私淑。代表作に「源氏物語評釈」。文久3年12月3日死去。49歳。本姓は藤原。通称は鹿蔵,鹿左衛門。号は葭沼,蒜園など。著作はほかに「小夜しぐれ」「てにをは係辞弁」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

萩原広道

没年:文久3.12.3(1864.1.11)
生年:文化12.2.19(1815.3.29)
江戸後期の国学者。初姓藤原。幼名就蔵,のち小平太,浜雄。通称鹿蔵,鹿左衛門。葭沼,韮園,蒜園,鹿鳴草舎,出石居などと号した。備前上道郡網ケ浜(岡山市)に生まれる。父藤原栄三郎台得は岡山藩士。幼時より利発だったが,実母をはじめ家族が次々没し,父の病弱もあって家庭的には恵まれなかった。父の死後家格を下げられ,藩士としても待遇は悪く,弘化2(1845)年には藩を退き大坂に出る。以後は大坂の地で不安定な生活を余儀なくされ,貧困からの逃避のため大酒におぼれ,晩年は中風にかかるなど,荒廃した日々を送った。広道は10歳代に早くも平賀元義に和歌の指導を受け,20歳代で『百首異見摘評』をまとめて香川景樹批判の立論を行うなど,早熟の才を発揮した。大坂では諸書の板下書きで収入を得ながら多くの国学者,歌人と交流を持ち,独自の国学を樹立するに至る。特に国学書,歌学書の企画,出版に関与すること多く,編集者としての能力を備えてもいた。文才は戯文『あしの葉わけ』や読本の執筆にも向けられた。『源氏物語評釈』の刊行は,部分注釈とはいえ広道の全業績を代表するに足る。<参考文献>森川彰「萩原広道の自叙伝」(『混沌』8号),山崎勝昭「萩原広道略年譜攷」(『国文論叢』17号),同「萩原広道の和歌」(『国文論叢』18号)

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はぎわらひろみち【萩原広道】

1813‐63(文化10‐文久3)
江戸末期の国学者。備前岡山の人。はじめ岡山藩に仕えて藤原小平太浜雄と名のったが,浪人となって大坂へ出てから,鹿蔵あるいは鹿左衛門と改めたという。号は葭沼,出石居,鹿鳴草舎,蒜園など。その著は《源氏物語評釈》《本学提綱》《万葉集略解補遺》その他20種に及ぶが,なかでも《源氏物語評釈》14巻(1861)は緻密犀利な評論において先人未到の域に達したが,病のため惜しくも〈花宴〉巻までで中絶した。【今井 源衛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はぎわらひろみち【萩原広道】

1815~1863) 江戸後期の国学者。岡山の人。号は蒜園にらぞの。壮年大坂に出て、国学を教授する。本居宣長に私淑し、野々口隆正に師事したといわれる。著「源氏物語評釈」「本学提綱」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

萩原広道 (はぎわらひろみち)

生年月日:1815年2月19日
江戸時代末期の国学者
1864年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の萩原広道の言及

【係り結び】より

…鎌倉時代の《手爾波大概抄(てにはたいがいしよう)》や連歌師に注意されていたが,江戸時代に本居宣長が古歌に例を求めてその法則性を立証し,《詞玉緒(ことばのたまのお)》を著した。宣長は〈の〉〈何〉も係りの辞と認めたが,萩原広道が《手爾乎波係辞弁(てにをはかかりことばのべん)》でその誤りを正した。〈ぞ〉〈なむ〉〈や〉〈か〉の文末が連体終止となるのは,それらの助辞は本来,文末ではたらくものであったのだが,それを倒置して,係りの位置に置いたので,初めの文の連体形がそのまま末尾に残ったのである。…

【源氏物語】より

…江戸時代に入ると,国学の勃興とともにいわゆる〈新注〉の時代となり,契沖の《源注拾遺》や賀茂真淵の《源氏物語新釈》がいずれも文献学的実証を志向し,ついで本居宣長の《源氏物語玉の小櫛》は,その総論に,物語の本質は〈もののあはれ〉すなわち純粋抒情にありとする画期的な論を立てて,中世の功利主義的物語観を脱却した。しかし宣長以後は幕藩体制下,儒教倫理による《源氏物語》誨淫(かいいん)説の横行によって,その研究もふるわず,わずかに萩原広道の《源氏物語評釈》の精密な読解が注目されるにすぎない。
[鑑賞・享受史と影響]
 読者の鑑賞享受はいうまでもなく作品成立とともに始まるわけで,日夜部屋にとじこもって耽読したという《更級日記》の作者が好例である。…

※「萩原広道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

萩原広道の関連キーワード開巻驚奇侠客伝・開巻驚奇俠客伝開巻驚奇侠客伝西田直養生年月日大隈言道渡辺重春武井守正池辺真榛松野真維早崎益

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android