渡辺雲裡坊(読み)わたなべ うんりぼう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺雲裡坊 わたなべ-うんりぼう

1693-1761 江戸時代中期の俳人。
元禄(げんろく)6年生まれ。各務支考(かがみ-しこう)の門人。延享4年近江(おうみ)義仲寺無名庵5世となり,松尾芭蕉(ばしょう)の幻住庵を再興した。与謝蕪村(よさ-ぶそん)と交遊があった。宝暦11年4月27日死去。69歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。別号に有椎翁,三四庵,杉夫。編著に「柱隠(はしらかくし)」「蕉門名録集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android