コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地球科学 チキュウカガク

デジタル大辞泉の解説

ちきゅう‐かがく〔チキウクワガク〕【地球科学】

地球を研究対象とする自然科学地質学鉱物学火山学古生物学海洋学自然地理学地球物理学地球化学などが含まれる。
[補説]地学とほぼ同義だが、地学には地球以外の天体に関する学問や、人文地理学など人文科学の分野も含まれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

地球科学【ちきゅうかがく】

地球を対象とする自然科学。鉱物学,地質学,海洋学,気象学,地球物理学,地球化学などを含む。これらの学問は多少とも独立の学問として発展してきたが,近年相互の関係が深くなって総合的なやり方の必要が強まり,総合科学という意味で地球科学という語が用いられるようになった。
→関連項目ホットスポット

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちきゅうかがく【地球科学 earth science】

地球を対象とする自然科学各分野の研究成果を総合した科学。固体としての地球を対象とする科学のみならず,海洋学,気象学なども含むが,とくに固体地球のみを扱うときは固体地球科学という。この分野は,主として地球物理学,地球化学,地質学,岩石学,鉱物学,地理学などを総合した科学であり,ときに天文学の関連分野も含む。地球科学とならんで地学といういい方もあるが,これは天文,宇宙,地球の諸科学を含む領域を理科教育上の配慮から区分したものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地球科学
ちきゅうかがく
earth sciences

地球を対象とする複合科学としての自然科学を地球科学という。地質学、鉱物学、古生物学、自然地理学、地球物理学、地球化学がそのおもな分科学である。海洋学、火山学なども地球科学に属する。これらの多くは地球よりも小さい研究対象をもつ。これに対して地球物理学、地球化学は物理学的ないし化学的研究手法で特徴づけられる。しかし地球物理学のなかにも、地震学、気象学のように対象によって分けられた分野がある。また、火山学は地球物理学、地球化学、地質学などの協同によって成り立ちうるし、海洋学は、これらの分科学はいうまでもなく、普通は地球科学に属するとされない生物学の協力も必要である。この場合、生物学も地球科学の分科学とみなしうる。地球科学は異なる対象と手法とに基づく分科学の寄せ集めとしての複合科学である。地質学、鉱物学その他は本質的に、多少の差はあれ、物理学的、化学的手法を必要とする。地質学のうちの岩石学は固体地球化学であるといいうる。
 このように、地球科学の各分科学の内容はお互いに複雑に絡み合っているので、寄せ集めにとどまることはないし、地球科学を統一的体系として提示することも容易ではない。地質学、海洋学などの異なる研究対象をもつ分野の研究を総合して、より大きい地球を対象とする統一的な科学体系を組み立てうる。地学とよばれているもののなかには、そのような観点にたったものがある。地球物理学はその手法に他の分科学との違いがあるとされており、たとえば地質学と比べると、主たる研究対象領域も異なる。
 地質学は、鉱物、岩石、地層がもつ性質や生成原因を明らかにし、それを基にして地質現象を明らかにしようとするので、研究の過程を通じて、直接接しうる物質から離れて考察を進めることはできない。研究の主体はおのずから地殻、とくにその上層部となる。そこには過去の地球に関する膨大なデータが残されており、地史学的考察もなされる。これに対して地球物理学は、地震波、地磁気といった現在の現象についての観測データの解析を主たる研究手段とする。地質学が扱う対象に迫りえない場合がある一方、地質学が及びえないところ、たとえば地球内部をも対象とすることができ、地球的スケールをそのままに取り扱うことができる。手法ではなくて、時間、空間を異にする対象についての研究の総合に、地球科学としての統一的体系がみいだされるであろう。[木村敏雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の地球科学の言及

【地質学】より

… 20世紀に入ると,物理学的な研究手段によって,地殻,地球に関する物理量を測定し研究する地球物理学と,地殻中の化学元素の分布の研究からはじまる地球化学とが発達してきた。地質学はこれらに対して,地球,地殻の階層性と歴史性に基礎をおくという特徴を保持しているが,現在では,これら諸科学分野が総合され,地球科学とよばれる傾向が強まっている。さらに月や惑星の探査がすすむ中で,それらの表面の構成物質を地質学的な見方で研究する月の地質学や宇宙地質学も進みつつある。…

※「地球科学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地球科学の関連キーワードアレクサーンドル・パーヴロ ビノグラードフドミートリイ シチェルバーコフダン・ピーター マッケンジーダグラス・サクソン クームズ産業技術総合研究所地質標本館ウラジミール ベロウーソフ国際ジオダイナミクス計画グサヴィエ ルピションA.E. リングウッドD.P. マッケンジー暗い太陽のパラドックス地球観測システム計画クロード アレーグル兵庫県西脇市上比延町国際地球内部開発計画スタンフォード大学スパースモデリング北海道足寄郡陸別町国際地質科学連合R.E. ラップ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地球科学の関連情報