コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温根湯[温泉] おんねゆ

2件 の用語解説(温根湯[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

温根湯[温泉]【おんねゆ】

北海道北見市,武華川の河岸にわき,温泉街が発達。単純硫黄泉。42〜52℃。付近にツツジの群落があり,北見富士(1291m)の展望がすぐれる。大雪国道(国道39号)が通じ,石北本線留辺蘂駅,北見駅などからバスが通じる。
→関連項目留辺蘂[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おんねゆ【温根湯[温泉]】

北海道北東部,網走支庁管内留辺蘂(るべしべ)町にある温泉。アルカリ性単純泉,43~52℃。北見地方の代表的な温泉地で,常呂(ところ)川の支流無加川をはさんで両岸に温泉旅館が立ち並ぶ。1891年に発見され,1900年ころから浴場の設備が整えられていった。層雲峡に通じる国道39号線(大雪国道)に沿い,石北本線留辺蘂駅の西10km,バスの便がある。無加川北岸の山麓地にエゾムラサキツツジの大群落があり,道の天然記念物に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone