層雲峡(読み)そううんきょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「層雲峡」の解説

層雲峡
そううんきょう

北海道中央部、上川(かみかわ)総合振興局管内の上川町にある石狩川(いしかりがわ)の峡谷。大雪(たいせつ)火山の北側にあり、延長24キロメートルに及ぶ。大雪火山を構成する溶結凝灰岩を石狩川の上流部が侵食してつくったもの。断崖(だんがい)は100メートルに達し、柱状節理がおおむね垂直に発達している。奇岩も多く、断崖を流下するもみられる。周囲は針葉樹広葉樹の混在する大原生林で、大雪山国立公園の代表的景勝地となっている。なかでも上流部の大函・小函(おおばここばこ)は屹立(きつりつ)する柱状節理の断崖を清流が洗い、函(川床の両側が切り立った崖(がけ)になっている地形)の名にふさわしい景勝地である。

 峡谷の中央にある層雲峡温泉は道内屈指の温泉地で、単純温泉、硫黄泉などの泉質があり、高層ホテルが建ち並ぶ。峡谷探勝や登山の基地でもあり、黒岳へのロープウェーの基点ともなっている。峡谷に沿って旭川(あさひかわ)市と網走(あばしり)市を結ぶ国道39号が走っている。なお、層雲峡の名は大正時代に大町桂月(おおまちけいげつ)によって名づけられた。

岡本次郎


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「層雲峡」の解説

層雲峡【そううんきょう】

北海道中央部,上川町にある石狩川上流の峡谷。大雪山国立公園に属する。約24kmにわたり原始林におおわれた絶壁が続き,特に凝灰岩の柱状節理をなす大絶壁の大函・小函は有名。層雲峡温泉(単純硫化水素泉,51〜93℃)は大雪国道(国道39号)に沿い,国立公園探勝の基地で石北本線上川駅,北見市からバスが通じる。
→関連項目上川[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「層雲峡」の解説

層雲峡
そううんきょう

北海道中央部,石狩川上流の溶結凝灰岩地帯に 24kmにわたって形成された大峡谷。上川町に属する。四角または六角断面の柱状節理がみられる。大函・小函,銀河ノ滝,流星ノ滝などの渓谷美で知られ,石狩川と支流の赤石川,黒岳沢との合流点付近に層雲峡温泉が湧出して,大雪山観光の基地として利用される。大雪山国立公園の一部。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「層雲峡」の解説

そううん‐きょう〔‐ケフ〕【層雲峡】

北海道中央部、大雪山北麓にある石狩川上流の峡谷。大函(おおばこ)・小函(こばこ)と呼ばれる柱状節理の発達した景勝地や温泉がある。大雪山国立公園の一部。アイヌ語「ソ‐ウン‐ベッ」(滝のある川)を大正10年(1921)大町桂月が層雲峡のを当てて紹介。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「層雲峡」の解説

そううん‐きょう ‥ケフ【層雲峡】

北海道中央部、石狩川上流にある峡谷。大函(おおばこ)・小函(こばこ)と呼ばれるそそり立つ岩壁、針葉樹・広葉樹の原始林がつくる四季の美などの絶景が約二四キロメートルにわたって続く。中央部に温泉がある。大雪山国立公園の一中心。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「層雲峡」の解説

そううんきょう【層雲峡】

北海道中央部,大雪山の北麓に石狩川がつくった峡谷。大雪山国立公園の一中心で,1921年に来遊した文人大町桂月の命名。凝灰岩が浸食されて高さ100m以上の岩壁をなし,垂直に柱状節理が発達する。混合林の大原生林に囲まれた峡谷は延長約20kmに及び,滝のかかる懸谷(けんこく)や奇岩が多く,なかでも上流部の大函(おおばこ)と小函(こばこ)は清流が洗う切り立つ谷壁が両側から迫って〈はこ〉の地形をつくる絶景である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android