コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

留辺蘂 るべしべ

2件 の用語解説(留辺蘂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

留辺蘂
るべしべ

北海道北東部,北見市西部の旧町域。常呂川の支流,無加川上・中流域に位置する。 1921年町制施行。 2006年北見市,端野町,常呂町と合体して北見市となった。地名はアイヌ語ルペシペ (峠を越えたところの意) に由来。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

留辺蘂
るべしべ

北海道東部、網走(あばしり)支庁(現、オホーツク総合振興局)管内にあった旧町名(留辺蘂町(ちょう))。現在は北見市の西部を占める地域。旧留辺蘂町は1921年(大正10)町制施行。名称はアイヌ語ルペシュペ(越える道、峠道の沢などの意)に漢字をあてたもの。2006年(平成18)端野(たんの)、常呂(ところ)2町とともに北見市に合併。常呂川支流の無加(むか)川の上・中流部を占め、北東―南西方向に細長く広がる。JR石北(せきほく)本線、国道242号が地域の東寄りを横断し、国道39号が無加川沿いに縦断する。北見山地の森林地帯で、国有林を主とする森林面積が旧町域の88%を占めている。中心市街は木材の集散地として発展、木材加工業が盛んでカラマツ間伐材利用の合板・家具・木工芸品製造が行われている。農業は酪農のほか、タマネギ、サトウダイコン(ビート)、ジャガイモなどの生産が多い。西端に石北峠があり、無加川沿いの温根湯(おんねゆ)温泉は網走地方最大の温泉地で、付近のエゾムラサキツツジの大群落は道指定天然記念物。日本一の水銀生産量を誇ったイトムカ鉱山は1973年(昭和48)閉山した。[岡本次郎]
『『新留辺蘂町史』(1985・留辺蘂町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

留辺蘂の関連キーワード北海道北見市常呂町岐阜北海道北見市常呂町栄浦北海道北見市常呂町常呂北海道北見市常呂町土佐北海道北見市常呂町富丘北海道北見市常呂町豊川北海道北見市常呂町登北海道北見市常呂町日吉北海道北見市常呂町福山北海道北見市常呂町吉野

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

留辺蘂の関連情報