コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

留辺蘂 るべしべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

留辺蘂
るべしべ

北海道北東部,北見市西部の旧町域。常呂川の支流,無加川上・中流域に位置する。 1921年町制施行。 2006年北見市,端野町,常呂町と合体して北見市となった。地名はアイヌ語ルペシペ (峠を越えたところの意) に由来。約 90%を森林が占める網走地方有数の林業地域で,針葉樹,広葉樹の素材生産と製材,チップ材,床材などの木材加工業が盛ん。農業はジャガイモ,タマネギなどの栽培と酪農が行なわれる。中央の温根湯温泉エゾムラサキツツジの群落でも知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

留辺蘂
るべしべ

北海道東部、網走(あばしり)支庁(現、オホーツク総合振興局)管内にあった旧町名(留辺蘂町(ちょう))。現在は北見市の西部を占める地域。旧留辺蘂町は1921年(大正10)町制施行。名称はアイヌ語ルペシュペ(越える道、峠道の沢などの意)に漢字をあてたもの。2006年(平成18)端野(たんの)、常呂(ところ)2町とともに北見市に合併。常呂川支流の無加(むか)川の上・中流部を占め、北東―南西方向に細長く広がる。JR石北(せきほく)本線、国道242号が地域の東寄りを横断し、国道39号が無加川沿いに縦断する。北見山地の森林地帯で、国有林を主とする森林面積が旧町域の88%を占めている。中心市街は木材の集散地として発展、木材加工業が盛んでカラマツ間伐材利用の合板・家具・木工芸品製造が行われている。農業は酪農のほか、タマネギ、サトウダイコン(ビート)、ジャガイモなどの生産が多い。西端に石北峠があり、無加川沿いの温根湯(おんねゆ)温泉は網走地方最大の温泉地で、付近のエゾムラサキツツジの大群落は道指定天然記念物。日本一の水銀生産量を誇ったイトムカ鉱山は1973年(昭和48)閉山した。[岡本次郎]
『『新留辺蘂町史』(1985・留辺蘂町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

留辺蘂の関連キーワード八方台スキー場大雪山国立公園温根湯[温泉]北海道北見市イトムカ鉱山北見(市)ゼロ金利債自然水銀北見富士大雪国道辰砂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

留辺蘂の関連情報