コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温泉マーク オンセンマーク

デジタル大辞泉の解説

おんせん‐マーク〔ヲンセン‐〕【温泉マーク】

地図などで温泉を示す記号。♨。
《♨の看板を出したところから》男女のアベック客専門の旅館の俗称。つれこみ旅館。さかさくらげ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おんせんマーク【温泉マーク】

地図で、温泉の記号。「♨」で表す。
を看板にすることが多かったことから〕 つれこみ宿。さかさくらげ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

温泉マーク

温泉・鉱泉の位置を示す地図記号、案内図記号(♨)。日本工業規格(JIS)が定めているもので、湯気を表す3本の縦の~線が特徴的。国際標準化機構(ISO)による新しい温泉の記号は、この絵柄に3人が入浴する姿を加えたものとなっており、現在の記号では温かい料理を出す施設と外国人に受け取られかねないとの見解から、経済産業省は2016年7月より現記号を見直す検討を始めた。同年12月6日に開かれた委員会では存続を求める声が相次ぎ、今後も現記号が使い続けられる見通しが強まっている。

(2016-12-8)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

温泉マークの関連キーワード逆さ海月おごとん

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

温泉マークの関連情報