コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

測光方式 そっこうほうしき

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

測光方式

デジタルカメラの露出を決める方法として、ファインダーから見えるどの部分の露出を測るかを決定する方式。測光方式には、ファインダーの中央部分に重点を置いて、画面全体の平均的な明るさを測る「中央重点測光」、被写体の一部など狭い範囲の明るさを測る「スポット測光」、画面をいくつかのエリアに分割して、それぞれのエリアから求められた数値を基準にして画面全体の適切な露出を算出する「マルチパターン測光」などがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

測光方式の関連キーワードスポット評価測光全自動モードTTL測光露出倍数露出計

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android